【イギリス総選挙】5年に1度の総選挙 EU離脱が争点 現実に?

イギリスでは5年に1度となる

総選挙が行われています。






与党である保守党過半数獲得

出口調査にて

与党の保守党が過半数を

獲得ている

可能性が高い見通しとなっています。

EU離脱

EU離脱が現実のものと

なりそうな方向です。

これに関しては

世界的に出る影響が

懸念されています。

EUとは

European Union

日本語ではヨーロッパ連合と表します。

または欧州連合です。

ヨーロッパの国が集まってできた組織

ヨーロッパが経済だけでなく

社会・政治や政治など様々な分野で

ひとつにまとまることを

目指してきました。


イギリス総選挙に関する記事

EU離脱が争点となっている

イギリス総選挙に関する記事です。

【英総選挙2019】 与党・保守党が単独過半数を獲得=出口調査

BBC

イギリス総選挙の投票が12日午後10時(日本時間13日午前7時)に投票が締め切られ、BBCは出口調査から、与党・保守党が下院(定数650)で単独過半数を獲得したとの予想を発表した。

出口調査によると、保守党は2017年の前回選挙から50増の368議席を獲得する見込みで、サッチャー政権以来の議席数になる予想。一方、労働党は191議席(71減)に議席を減らすとみられている。

イギリス総選挙、保守党が優勢 EU離脱が現実に?

12日 23時31分 TBS NEWS

イギリスでは7時間ほど前から総選挙の投票が始まっています。与党・保守党の優勢が伝えられていまして、EU離脱がついに現実のものとなるのでしょうか。自らの国のこの混乱を憂鬱な思いで見ているという世界的なミュージシャン「クイーン」のブライアン・メイさんにも今回、話を聞いています。

Pocket