茨城県境町一家4人事件 その後は? 最新など進展は??

 

2019年9月23日未明、

茨城県境町で起きた一家4人が何ものかに襲われた事件。

雑木林の中にある一軒家に住んでいた小林光則さん(48)と

妻の美和さん(50)、長男(13)、次女(11)が

何ものかに襲われました。

 

茨城県境町一家4人事件 その後は?最新や進展は?

2019年9月23日未明、

茨城県境町で起きた一家4人が何ものかに襲われた事件。

事件後、最新情報もなく進展もないまま未解決となったままです。

殺害された夫婦の寝室と同じ2階にある

子ども部屋で寝ていた長男(13)によると、

「犯人が部屋の電気をつけた」と証言していたことも

事件後に新たにわかっています。

同じ部屋には次女(12)も寝ていて、

2人は、犯人は帽子とマスク姿の知らない男で

「腰のあたりに黒いポーチをつけていた」とも話しています。

この犯人はまだ捕まっていません。

茨城殺人事件 長女

この事件で唯一無傷だった大学3年の長女(21)。

事件時に1階にいたため、犯人と顔をあわせることなく済んでいます。

この長女は「パトカーのサイレンの音で気付いた」と

パトカーのサイレンで自分の家で起こった事件に気づいたことを話しています。

その後の調べで「怖くて動けず、部屋から出られなかった」

「2階で喧嘩のような言い争う声が聞こえた」と証言があいまいなため

ネット上では、この長女に疑いをかける書き込みなどもみられた。

捜査関係者は、この長女の交遊関係や

交際中の男性を重要参考人として捜査していましたが

事件解決につながるような情報もなく、

捜査対象から外されています。

 

茨城殺人事件 長女の彼氏

一階にいたため、無傷ですんだ

大学生の長女の交際相手が近隣で目撃されていました。

重要参考人と捜査されましたが、

この茨木県境町一家4人事件解決につながることはありませんでした。

また、事件直後に長女は

この交際相手に助けを求める電話をかけています。

近隣の聞き込みや防犯カメラの解析もされましたが、

事件解決に直接結びつく情報はなかった。

茨城県境町一家4人事件 概要

2019年9月23日未明、

茨城県境町で起きた一家4人が何ものかに襲われた事件。

雑木林の中にある一軒家に住んでいた小林光則さん(48)と

妻の美和さん(50)、長男(13)、次女(11)が

何者かに襲われました。

夫婦は2階建てだった自宅の2階の寝室部分で就寝をしており、

そこを何者かに襲われました。

夫の小林光則さんの顔や首には、

切られたり刺されたりした傷が確認されました。

妻の小林美和さんも上半身に複数の傷があり、

首の傷からの多量の出血で亡くなっています。

 

また2階には、子供部屋の2段ベッドで寝ていた

長男(13)、次女(11)も襲われ負傷をしております。

スプレーのようなものをかけられており、

暗くて顔が分からなかった、単独での犯行だった

と証言しています。

 

 

【茨城一家殺傷事件】犯人はどこへ??このまま迷宮入りか??

Pocket