【大黒摩季】離婚して再婚後に子供が誕生した元夫を気づかう強さ 本人は不妊で配慮した?

大黒摩季さんといえば

ら・ら・ら
(1995年2月2日にリリース)

が大ヒットしたことで

有名です。

(1995年2月2日にリリース)






聴いたら、懐かしい~と思う方も

多いですよね。

最近のライブでも

歌っています。

大黒摩季 ら・ら・ら

20190706鹿児島「ら・ら・ら」

大黒摩季 離婚

大黒摩季さんが結婚して
離婚にいたった経緯ですが。

2003年11月

一般男性と結婚

2010年

span style=”font-size: 14pt;”>音楽活動を休止

子宮疾患と不妊の治療を行ってきました。

2015年に

子宮を全摘出。

自身で妊娠出産できなくなったことから

アメリカの代理母制度にもチャレンジ。

2017年9月頃

最後の卵子でも妊娠はできなかったそうです。

2018年のはじめ頃

離婚に合意。

大黒摩季 旦那

しばらくの間

大黒摩季さんは全国ツアーの影響で

離婚届を出せずにいたのですが

元夫は新しいパートナーと出会い、

赤ちゃんを授かったと報告されました。

大黒摩季 とくダネ!

2019年12月23日に

フジテレビ「とくダネ」に出演し

彼らのささやかな生活を守るためにも

離婚には、すでに合意しており

不倫では無く、なんの問題も無いことを

伝えるために、番組に出演したそうです。

なんというか。

感動的な話ではありますが

せつなくなる話ですよね。

これからも

大黒摩季さんを

応援したくなりますよね!

大黒摩季 関連する記事

大黒摩季さんに関連する記事です。

離婚の大黒摩季、元夫再婚で子ども誕生に「私が守りたかったのはささやかな彼らの生活」…「とくダネ!」で心境生告白

2019年12月23日 9時9分 スポーツ報知

離婚を公表したシンガー・ソングライターの大黒摩季(49)が23日、フジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)に生出演。結婚生活にピリオドを打った経緯や現在の心境などを語った。
2003年11月に1歳年下の一般男性と結婚した大黒は、10年に音楽活動を休止し、子宮疾患と不妊の治療を行ってきたが、15年に子宮を全摘出した。その後はアメリカの代理母制度も試みたが、17年9月頃に送り出した最後の卵子でも妊娠に至らなかった。昨年の始めに離婚に合意。大黒が離婚届を預かり、別々の人生を歩み始めていた。







Pocket