大分県新型コロナウイルス初感染者!感染経路は接客業の職場??スポーツジム??

大分県新型コロナウイルス初感染者!感染経路は接客業の職場??スポーツジム??

3月3日、九州で3件目となる大分県で

新型コロナウイルスの感染者が出ました!

気になる感染経路など

調べてみました!




大分県新型コロナウイルス初感染者!

3月3日、九州で3件目となる大分県で

新型コロナウイルスの感染者が出ました!

新型コロナウイルスへの感染が確認されたのは、

大分市に住む飲食店従業員の30代の女性です。

3月3日の午後2時から、

大分市の佐藤市長が

同日午後2時15分からは、

大分県の平松知事が臨時記者会見をしています。

大分市の佐藤市長は、

「大分でも発生する可能性があるという前提で準備しないととは思っていたが、いよいよ大分でも発生した」

その上で手洗いやせきエチケット、こまめな換気などの注意点を改めて挙げ、

「今後の動向にも注意を払ってもらいたい」と市民に呼びかけました。

大分県初新型コロナウイルス感染者の経緯

3月3日に、九州で3件目となる大分県で

新型コロナウイルスの感染者が出ました!

新型コロナウイルスの感染が確認されたのは、

接客業の30代の女性です。

その女性が、感染が確認されるまでの経緯をまとめてみました!

・2月22日・・大分市の接客業の職場に出勤

・2月23日・・大分市内のスポーツジムへ
※夜になり38.7度の発熱、倦怠感、頭痛など症状が出る

・2月24日・・大分市内の病院Aを受診する。
※肺に陰影がみつかる。

・2月25日・・症状が改善しないため
大分市内のクリニックBを受診する。

・2月26日・・37度代に下がるものの頭痛や倦怠感の症状が続く。

・2月29日・・頭痛や倦怠感が続く中、再び38度代まで熱が上がる。

・3月2日・・2月25日に受診したクリニックBで再診察を受ける。
大分市保健所からの紹介で帰国者・接触者外来へ。(CT検査で肺炎を確認)

・3月3日・・大分県衛生環境センターで遺伝子検査を受ける。
新型コロナウイルスの感染が確認され、大分県立病院に入院。

新型コロナウイルスの潜伏期間は、最長で14日間との情報もあります。

発症したのが2月23日ですので、

2月10日から発症前日の2月22日までに感染したと考えられます。

また、新型コロナウイルスは潜伏期間でも

感染されるケースもあるとされています。

濃厚接触者への感染も同じく

2月10日から発症前日の2月22日の間に

感染している可能性も考えれます。




感染経路は接客業の職場??スポーツジム??

3月3日に新型コロナウイルスの感染が確認されたのは、

接客業で働く30代の女性です。

気になる感染経路にについて調べてみましたが、

3月3日の時点では、不明となっています。

接客業である職場??

3月3日に新型コロナウイルスの感染が確認された

30代の女性が働く接客業の職場は、

大分市都町にある、

ラウンジ「サザンクロス大分店」となっています。

キャバレー「サザンクロス大分店」

ラウンジ「サザンクロス大分店」は、

大分市都町2-5-30

第一ピカソ会館4階にあります。

在籍するスタッフも60人も超えるほど

ですので、出入りする客数も多いことが考えられます。

スポーツジム??

3月3日に新型コロナウイルスの感染が確認された

30代の女性は、症状が出始めた2月23日に

大分市内のスポーツジムへ自家用車で向かっています。

個人経営のスポーツジムとだけ発表されています。

症状が出始めた2月23日には

すでに感染していたと思われますので、

スポーツジムや2月22日まで出勤していた

勤務先のラウンジ「サザンクロス大分店」での

濃厚接触者の割り出しが急務といえます。




Pocket