戦争反対?イランの外務大臣が英語で事態のエスカレートや戦争を求めてはいないとツイート

注目される

イラン・アメリカの問題。

事態は緊迫している中でも

イラン外相は肉声を発しています。






イラン イラクの米軍基地にミサイル発射

イランが

アメリカに対する

報復攻撃を行い

緊迫した事態になっています。

戦争反対

イランのザリフ外相は

ツイッターにて

我々は事態のエスカレートや

戦争を求めてはいない。

ただ侵略から自分たちを守るつもりだ

と主張しています。

google翻訳と自前の意訳ですが

イランは、国連憲章の第51条に基づき、イランの市民を守るために、アメリカがイラン司令官を恐れて武装攻撃が開始された基地を標的としたことに対して、それに応じた自衛策を検討し決行したのです。

私たちは事態がエスカレートすることや戦争を求めていません。しかし、攻撃からは身を守ります。






戦争反対 関連する記事

関連する記事です。

イランのザリフ外相がツイート「事態のエスカレートや戦争を求めてはいない」

Abematimes
イランのザリフ外相はTwitterを更新、「我々は事態のエスカレートや戦争を求めてはいない。ただ侵略から自分たちを守るつもりだ」と投稿した。





Pocket