新型コロナ青森八戸70代夫婦が感染!感染経路や行動歴はどうなっているの?

日本全国での感染拡大がひろがる

新型コロナウイルスCOVID-19。

感染者の方々の早期回復を心よりお祈り申し上げます。

また、感染経路などの情報や

うがい手洗いや人が多いところに

不要不急で出かけないなど感染予防に取り組んで

この大変な時期をしっかり乗り切りたいですね。

新型コロナ青森八戸70代夫婦が感染!

との報道がありました。

感染経路や発症から感染確認までの行動歴はどうなっているの?

感染経路や発症から感染確認までの行動歴も気になるところですね。



新型コロナ青森八戸70代夫婦が感染!

3月23日、

青森県内で新型コロナウイルスの感染者が

初めて確認されました。

青森県で初めて新型コロナウイルスの感染が確認されたのは、

青森県八戸市の70代の夫婦です。

この男性は3月中旬まで、添乗員を含めて15人が参加するツアーで

スペインを旅行していて、夫を除く9人は三八地方に住んでいます。

また、この男性はスペイン旅行から

3月16日に新幹線で八戸市に移動したことがわかっています。

八戸市内に住む70代夫婦の感染経路や行動歴はどうなっているの?

 青森県は23日、八戸市内に住む70代の会社経営の男性と妻の70代の無職女性が、新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表した。県内で感染者が発覚したのは初めて。男性は3月9〜15日にスペイン旅行をしており、18日に発熱。23日にPCR検査の結果、陽性反応が出たという。女性は19日に発熱し、23日に陽性反応が出た。※出典:gooニュース

3月23日、青森県八戸市に住む70代夫婦の

新型コロナウイルスの感染が確認されました。

夫は、会社経営

✔3月9日から3月15日までツアーでスペイン旅行

✔3月16日に成田空港に到着

✔同日3月16日に新幹線で八戸市に移動

✔3月17以降にのどの違和感や37度程度の発熱

✔3月17日以降に職場へ行く(ほかの社員不在時)

✔3月23日にPCR検査の結果、陽性反応

妻は、無職

✔3月18以降に熱やせきなどの症状

✔3月23日にPCR検査の結果、陽性反応

この夫婦は、外出時はマスク着用していたとのことです。

現在、2人も入院しています。

感染経路や発症から感染確認までの行動歴は

いまのところ、上記となっています。



青森で初の感染者 70代夫婦、夫にスペイン旅行歴(20/03/24)

青森県・三村申吾知事:「本日、青森県において初めてとなる新型コロナウイルス患者が発生した」  青森県によりますと、感染が確認されたのは八戸市に住む70代の夫婦です。このうち70代の夫は9日から15日にかけてスペインを旅行していました。16日に成田空港に帰国し、新幹線で八戸市内の自宅に戻りました。その後、発熱や喉の痛みがあり、妻も同様の症状を訴えていました。2人とも現在は入院しています。 [テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

【新型コロナ】青森で初感染確認 八戸の70代夫婦 小林眞八戸市長が会見(2020/03/23)

青森県と八戸市は23日、八戸市内の70代の会社経営の男性と、70代の無職の女性が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表した。男性は3月9~15日、スペイン旅行に行っていた。小林眞八戸市長が緊急会見を開いて説明した。 ▼最新ニュースは「デーリー東北デジタル」でチェック。 https://www.daily-tohoku.news/

新型コロナ 県内初感染 知事会見

青森県と八戸市は23日夜、県内で初めて新型コロナウイルス感染者が確認されたと発表した。八戸市の会社経営の70代男性と70代女性で、2人は夫婦。夫はツアーのスペイン旅行から16日に成田空港に帰国し、帰宅後に妻に感染したとみられている。ツアーには感染が確認された男性のほか、青森県からは三八地域の9人が参加していた。県は今後9人の健康観察を行うとともに、濃厚接触者の有無を調べる。
https://www.toonippo.co.jp/



青森県新型コロナウイルス感染症についての情報

3月23日、青森県内で

初めて新型コロナウイルスの感染者が確認されたことを受け、

青森市の小野寺晃彦市長は3月23日夜、

同日から順次再開した市内小中学校を3月24日から4月5日まで、

再び臨時休校とする方針を示しました。

3月24日に卒業式を予定していた一部の小学校については、

「厳戒態勢で実施」するとしています。

また、4月19日に予定されていた

「あおもり桜マラソン」も中止する方針となっています。

青森県の新型コロナウイルスの情報は、

新型コロナウイルス感染症についての情報

参考にされてください。


青森県新型コロナウイルス感染症について

青森県で初めての

新型コロナウイルスの感染が確認されました。

青森県のホームページには、

新型コロナウイルス感染症についての記載もあります。

青森県新型コロナウイルス感染症コールセンター

・新型コロナウイルス感染症に関する感染症の特徴や予防方法など、一般的な相談や問い合わせを受け付けるコールセンターを設置しています。お気軽に御連絡ください。

● 電話番号 0120-123-801(フリーダイヤル)
● 受付時間 24時間対応(土日・祝日含む)

帰国者・接触者相談センター
以下のいずれかに該当する方は、帰国者・接触者相談センターに御相談ください。
・ 風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方(解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です。)
・ 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方

なお、以下のような方は重症化しやすいため、この状態が2日程度続く場合には、帰国者・接触者相談センターに御相談ください。
・ 高齢者
・ 糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD 等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方
・ 免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

(妊婦の方へ)
妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センターに御相談ください。
(お子様をお持ちの方へ)
小児については、現時点で重症化しやすいとの報告はなく、新型コロナウイルス感染症については、目安どおりの対応をお願いします。

なお、現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状況であり、インフルエンザ等の心配があるときには、通常と同様に、かかりつけ医等に御相談ください。※出典:青森県

もし、新型コロナウイルスについてや予防方法など不安なときは、

一般的な相談や問い合わせを受け付けるコールセンターに相談されてみてください。

また、うがい手洗いや人が多いところに

不要不急で出かけないなど感染予防に取り組んで

この大変な時期をしっかり乗り切りたいですね。

Pocket