横浜みなとみらい21(MM21)【女神橋】低く仮設って本当?!なぜこれまで航行していた船舶が通れない??

 

新型コロナウイルスの感染拡大の中、

これからの本格的な観光シーズンにあわせて

建設中だった横浜みなとみらい21(MM21)の

歩行者専用デッキ【女神橋】。

完成を待ち望む中、その【女神橋】

低く架設されていて、これまで運行していた観光船が

営業できなくなる事態になっているようです。

横浜みなとみらい21(MM21)【女神橋】低く仮設?!

なぜこれまで航行していた船舶が通れない??

いったいどういう事態なのでしょうか。



 

横浜みなとみらい21(MM21)【女神橋】低く仮設?!

この記事によると、

架設した3月18日に、

横浜港内の周遊クルーズなどを手掛ける観光船の運航会社が

「女神橋をくぐれない」と市に連絡した。

翌日の3月19日に市が調べたところ、

女神橋の桁下高はほぼ設計通りの約3・6メートルだったが、

基準とした国際橋は実際には約4・2メートルで、

女神橋が約60センチ低かったことが分かった。

とのことです。

このことで、

✔本格的な行楽シーズンを前に観光船が営業できない事態に直面

✔一般のプレジャーボートの安全航行にも支障が生じる恐れがある

とされています。

横浜みなとみらい【女神橋】

横浜みなとみらい21(MM21)地区の運河に

横浜市が建設している歩行者デッキ【女神橋】

実は、完成を期待する声も多くありました。

女神橋は、みなとみらい新港地区と中央地区を結ぶ歩行者デッキです。

歩行者デッキのそばのホテルの最上部には、

国際平和のシンボルとされる女神像が設置されていることもあり、

このデッキが横浜の発展や、そこに集う人々の幸せ、

世界の平和を導くシンボルとなってほしいとの思いを込められているようです。

【女神橋】という名前は公募より選定されました。



なぜこれまで航行していた船舶が通れない??

横浜港内の周遊クルーズなどを手掛ける観光船の運航会社が

「女神橋をくぐれない」という状況になってしまったのでしょうか。

横浜市によると、女神橋の水面からの桁下高は、

運河の約100メートル上流に架かる「国際橋」を基準に設計されたようです。

同橋橋桁に記された「桁下高3・5メートル」との表示や、

横浜市の港湾計画や海図を根拠に、

女神橋の桁下高を3・5メートルとして発注し、架設した3月18日、

横浜港内の周遊クルーズなどを手掛ける観光船の運航会社が

「女神橋をくぐれない」と市に連絡。

翌日の3月19日に市が調べたところ、

女神橋の桁下高はほぼ設計通りの約3・6メートルでしたが、

基準とした国際橋は実際には約4・2メートルで、

女神橋が約60センチ低かったことが分かりました。

市港湾局の成田公誠政策調整課長は、

国際橋を実測しないまま発注したことを認めた上で、

「女神橋の桁下高を3・5メートルとした設計の考え方に問題はなかったとしています。

高さ3・5メートルよりも大きな観光船が通航していることは把握していなかった」と説明し、

「現状では架け替えは考えておらず、運航会社とは今後個別に協議する」としています。



横浜みなとみらい21(MM21)【女神橋】ネットの反応

これからの本格的な観光シーズンにあわせて

建設中だった横浜みなとみらい21(MM21)の

歩行者専用デッキ【女神橋】。

完成を待ち望む中、その【女神橋】が

低く架設されていて、これまで運行していた観光船が

営業できなくなる事態になったことを受けて

ネットの反応おをまとめてみました。

桁下高の表示って水量の増減を考慮して余裕を見て書いてるでしょ。
なのに別の橋に書いてあった桁下高そのままの高さで架設するとかバカの極みやで

 

お役所がやる典型的な失態ですね。誰も実測しようと声を上げなかったのでしょうか。税金の無駄遣いも甚だしい。

 

横浜市がお粗末な計画、設計をやらかしてその非を認めないのは毎度のこと。
過去にも高規格道路の入口と出口の導線?動線?を重ねて完成させ、県警から危険性を警告されても「問題ない」と突っ張ね続けたが結局片方を閉鎖したまま運用を開始して現在に至っている。
横浜市営地下鉄関内駅は計画倒れで使われない線路が別方向に延びている。
事が万事思い付きの遊び半分でやってるからこんなことがアチコチで起きる。

 

問題はなかったって、明らかに問題があったじゃん。
自腹で造り直せ。

 

横浜市民です。
この橋に掛かる補習費用等は、税金で賄うのでしょうか?ふざけないでほしいですね。
担当者は、費用の何割かは負担すべきと思います。

 

運行する船に当たりがないか確認するのは基本中の基本。
計画・設計・施工全ての段階でスルーされたの?信じられない。
多分、発注者が一番ダメなんだろうけど、コンサルやゼネコンもチェックしないのか?と思うわ。
船の運行側はきちんと運行申請してたのか?など検証も必要だけど、残念なもの作ってしまったな。

 

横浜市は本当に市民からの税金の使い方を間違えている。行政がきちんと仕事として回ってない上にあまりにも無責任。

 

林さん。
横浜からもコロナ患者が出たり、クルーズ船などの対応があるようですが、まったくと言っていいほどお見かけしませんがお元気ですか?
市民としては、こういった恥ずかしいことや、コロナ対策、半世紀以上生きてきても完成を見ない横浜駅などにこそ尽力していただきたいのですが、まさか違うところでお仕事されているわけではないですよね?
コロナ騒ぎの最中に、どさくさにまぎれてIR誘致を進めていたりしないですよね?
誘致場所の近辺は、道路やら水道管やらが整備され、ホテルやら商業施設がのきなみオープンしていますが、まさか水面下ではもう決まってるなんてことないですよね?

 

観光船が運航できないのは観光地としての横浜にとっても痛手だろう。
市税たっぷり使ってコッソリ補償するでしょうね。

 

確認不足で、こんなデメリットを残すのはお粗末としかいいようがない
言い訳ではなく、きちんと認めて、しっかり対応して欲しい。

 

市港湾局の成田公誠政策調整課長は、国際橋を実測しないまま発注したことを認めた上で、「女神橋の桁下高を3・5メートルとした設計の考え方に問題はなかった。高さ3・5メートルよりも大きな観光船が通航していることは把握していなかった」と説明。

さすがお役所
アホの極み

ちょっと調べたらわかる事を調べなかった
職務怠慢以外のなにものでもない
こんなのが課長ってクビでいいよ

4億円もの無駄な公共工事の発注
これによって被害を被る業者への補填
税金をなんだと思っているのかねえ

 

行政のやることはなんか抜けてるよな。
間抜けだよ、まったく。

これ、掛け替えるしかないでしょうが。

 

いつもこれ!ベイブリッジも低くて大型のクルーズ船潜れない!
横浜市は中田市長の時も地元の不動産会社との癒着あったり酷い行政!

 

運河に掛かる歩道橋を設計したことありますが、漁協や関連団体に、そこを通過する船舶の規模の聞き取り調査を行いました(船の図面の提出など)。

 

桁下は補修なども含めて余裕シロを計画したりもするものだけど、設計会社と市役所両方ともずさんです。

 

これぞ『お役所仕事』の見本ですね。

『横浜市』は見本に忠実に仕事をし、苦情や指摘を無視した功績で表彰します。

 

素人役人がやるからそうなる。架け替えて責任取らせるべきだと思うよ、税金なんだから。観光船が通過出来ない橋だと緊急時にも通過出来ないってことになり、物資の運河輸送が出来なくなるってこと。
間違いは間違いで、真摯に謝罪して、架け替えるのが妥当なんじゃないの?

 

まぁこれ、横浜市もバカですが、設計を請け負ったコンサルタントも相当にバカですね。
ただし、横浜市はこのような問題は過去、結構やらかしているのは事実で体質の問題もありそうだ。

設計完了時、発注時、施工時と3重にチェックされる機会も機能していないというのは、既にこの国では土木技術の基礎すら衰退してしているのかもしれないけど。

まぁ横浜市だから、担当者は2年で変わるし、基本事務職だから、もう決まっているという先入観だろうからね。
施工会社も、公共工事で、仕様どおり作ればいい契約だから、無理に正論をぶつけて設計が間違っているということはしないだろうし。

 

見本にした橋に3.5mと書いてあっても、実際に計測もして確認するのが当然でしょう。それをしない横浜市役所の職員のおそまつ。
工事費用を支払うのは市で、失敗しても自分の給料が下がるわけではない、という緊張感のない公務員気質が、こういうミスを生むのだ。

 

「設計に問題はない」
水面から橋の下端までのクリアランスをどの程度とるか、その仕様を設計事務所に指示するか、設計前に建築士と合同調査を行って仕様を決定しなければ、設計に取り掛かれない。だから「設計に問題はなくても、発生に問題がある。」

※出典:Yahooニュース





Pocket