【速報】死刑判決 直接の証拠無し 裁判員裁判 元警官一家殺害 小郡(おごおり)母子殺害事件 福岡地裁

決定的な証拠、証言が無いということで

裁判による判決が注目されていましたが、

ついに、下されました。






小郡母子殺害事件 死刑判決

下記の理由により死刑とするそうです。

DNA一致

第三者が侵入した形跡なし。

子どもの遺体を家に置いたまま
仕事に行った

生命を軽視したのは
はなはだしい

情状酌量の余地なし

妻からの叱責が日ごろからあり
感情的になっていた。

現職の警察官による犯行のため
その点を考慮
極刑に処す必要がある

小郡母子殺害事件に関連する記事

【速報】福岡・小郡母子殺害事件!!主文後回し!えん罪主張からの判決は??

【小郡母子殺害事件】父親は冤罪なの?動機も凶器も不明のまま??


元警察官 妻子3人殺害事件で死刑判決 福岡地裁

2019年12月13日 15時06分 NHK NEWS WEB

おととし、福岡県小郡市で妻と子ども合わせて3人を殺害した罪に問われ、死刑を求刑された元警察官の裁判で、福岡地方裁判所は、無罪の主張を退け、求刑どおり死刑を言い渡しました。

福岡県警察本部の通信指令課の巡査部長だった中田充被告(41)は、おととし6月、小郡市の自宅で妻の由紀子さん(38)と長男で小学4年生の涼介くん(9)長女で小学1年生の実優さん(6)を殺害したとして殺人の罪に問われました。

直接的な証拠がない中、裁判では、元巡査部長が3人を殺害したかどうかが争われました。

妻子3人殺害事件、元警官に死刑判決 福岡地裁

2019年12月13日15時10分 朝日新聞デジタル
福岡県小郡(おごおり)市の住宅で2017年6月、母子3人の遺体が見つかった事件の裁判員裁判の判決が13日、福岡地裁であった。3人を殺したとして、殺人罪に問われた夫で父の元福岡県警巡査部長中田充(みつる)被告(41)に対し、柴田寿宏裁判長は求刑通り死刑を言い渡した。


元警察官に死刑判決 小郡母子3人殺害、無罪主張退ける 福岡地裁

2019/12/13 14:45 (2019/12/13 15:03 更新) 西日本新聞
福岡県小郡市で2017年6月、妻と子2人の計3人を殺害したとして、殺人罪に問われた元県警巡査部長の中田充被告(41)=懲戒免職=の裁判員裁判判決が13日午後、福岡地裁であり、柴田寿宏裁判長は3人の殺害を認定し、求刑通り死刑を言い渡した。中田被告は捜査段階から一貫して容疑を否認し、公判でも無罪を主張したが、退けた。
福岡地裁で裁判員裁判による死刑判決は初めて






Pocket