【大塚家具 株価】大好評 ストップ高 ヤマダ電機との資本提携

12月12日の取引終了後、

大塚家具は

ヤマダ電機との資本提携が

大好評です。






大塚家具 ヤマダ電機

正式な発表後に

反応が良い方向に発揮されました。

割当先をヤマダ電機として

第三者割当増資の

3000万株の新株を発行した上で

約43億7400万円を調達するそうです。

これにより、

大塚家具はヤマダ電機の子会社化されます。

事実上の買収との見方もあります。

そして、新株予約権9万個を割り当て

約21億9000万円を調達。


資金調達の上、様々な投資

あわせて

約64億円を調達を実現し

運転資金として活用し、

様々な投資を

設備、Web・IT、

ブランディング関連に行う方針だそうです。


ストップ高とは?

株価が値幅制限の上限まで、

上昇することをストップ高と言います。

株価の異常な暴騰を防いでいくために

1日に変動できる上下の幅を値幅制限としています。


大塚家具に関連した記事

大塚家具とヤマダ電機に関連した記事です。

大塚家具がヤマダ電機傘下へ “買収”直前に久美子社長が送ったメールの中身

2019年12月13日 14時0分 文春オンライン

あるテレビ関係者に、こんなタイトルのメールが送られてきたのは11月下旬のこと。メールの送り主は、大塚久美子社長(51)だった。

大手家電量販店のヤマダ電機が大塚家具を43億7400万円で子会社化すると発表。事実上、ヤマダに“買収”されることになったのは12月12日。同日、都内で会見に臨んだ久美子社長は、今回の提携について、

「家電、家具を超え、新しい暮らしを提案します。暮らしをトータルに提案するゴールは同じ」


【注目】話題株ピックアップ【夕刊】(3):アンジェス、大塚家具、シャノン

Kabutan

アンジェス<4563>は3日続落。12日の取引終了後、イスラエルを拠点とする米国のバイオ企業エメンド・バイオセラピューティクス社へ追加出資し、持ち分法適用関連会社化すると発表したが、これに対する市場の反応は限定的のようだ。今回の追加出資は、






Pocket