【懲役8年求刑】元・エリート官僚 長男殺害 娘は自〇していた?妻はうつ病…元事務次官の苦悩

息子を自宅で殺害したとして

罪に問われた元・エリート官僚に

懲役8年が求刑されました。

↓↓最終的な判決は、こちらをクリック。速報です!!

【速報】判決はいかに??息子殺害 元国家公務員のトップ・農水次官の苦悩に1つの結論

【元農水次官の保釈決定】息子殺害 元国家公務員のトップ・農水次官 懲役6年

懲役8年求刑 執行猶予無し

執行猶予無しの厳しい実刑を求刑。

弁護側は、執行猶予付き判決を求めています。

最終的な判決は、12月16日(月)に出ます。






元事務次官の重責と苦悩

国の官僚というのは

一般の会社員では

計り知れないほどのプレッシャーがあり、

責任も重大です。

また、仕事の内容も難しく

忙しいので子育てにさく時間も

なかなか、とりづらかったことは

想像できます。

エリートが直面した家庭問題

息子さんはADHD発達障害と診断されています。

そのせいか学校生活が上手くいかずに

中学でいじめられていました。

その後、引きこもった

息子さんが暴れることもあり

奥さんはうつ病に。。

娘さんは、何度か縁談の話があったが、

お兄さんの件があり

破談したそうです。

そして

絶望して自ら生涯を終えることに。

そんな中で、今回の事件に至ったそうです。

元事務次官やご家族の心が安らぎ

お亡くなりになった方々の

心からのご冥福を

お祈りいたします。

↓↓最終的な判決は、こちらをクリック。速報です!!
【速報】判決はいかに??息子殺害 元国家公務員のトップ・農水次官の苦悩に1つの結論

【元農水次官の保釈決定】息子殺害 元国家公務員のトップ・農水次官 懲役6年

元農水次官息子殺害事件に関連する記事

本件に関連する記事。

「娘は絶望して自殺した」元農水次官はなぜ息子を殺害したのか?法廷で明かされた家族の苦悩

2019年12月12日 木曜 午後7:27 FNN PRIME

息子を殺害した農水省の元事務次官・熊沢英昭被告(76)の被告人質問が行われた
娘の自殺に妻への暴力・仕事上のトラブルも…英一郎さん(44)さんを巡る苦悩
「本当に殺されると思った」殺害を決意させた同居後の生活とは

元農水次官に懲役8年求刑 長男殺害「強い殺意」 東京地裁

12/13(金) 10:42配信 時事通信
東京都練馬区の自宅で長男=当時(44)=を殺害したとして、殺人罪に問われた元農林水産事務次官の熊沢英昭被告(76)の裁判員裁判の論告求刑公判が13日、東京地裁(中山大行裁判長)であった。
検察側は「強い殺意で一方的に攻撃した」として懲役8年を求刑。弁護側は執行猶予付き判決を求め、結審した。判決は16日。






Pocket