【速報】判決はいかに??息子殺害 元国家公務員のトップ・農水次官の苦悩に1つの結論

日本国のトップ、

国家公務員の中でも

頂点を極めた人物による

息子殺害。


【懲役8年求刑】元・エリート官僚 長男殺害 娘は自〇していた?妻はうつ病…元事務次官の苦悩

【元農水次官の保釈決定】息子殺害 元国家公務員のトップ・農水次官 懲役6年






スーパーエリートの苦悩

そこに至るまで

娘は自殺

妻はうつ病になる等していたことから

判決が注目されていました。

東大を卒業し

国家公務員、役人のトップに立った

栄光との落差。

国家を動かすレベルの権限を持ちながら

自分の家庭は上手くいかなかったのか。。

色濃く見えた事件に1つの結論が。。。

情状酌量による執行猶予がつくか

難しい状況に判決が注目されてきました。

公判では懲役8年が求刑されており

命を奪う権利は誰にもないとされいました。

最終的な判決は!

元農水次官息子殺害事件 判決

判決が出ました!!

懲役6年の実刑判決

でした!

懲役8年から6年に短縮。

執行猶予はつかないまでも

温情の判決では無いでしょうか。






元農水次官息子殺害事件に関連する記事

注目されてきました元農水次官息子殺害事件に関連する記事です。


【懲役8年求刑】元・エリート官僚 長男殺害 娘は自〇していた?妻はうつ病…元事務次官の苦悩

【元農水次官の保釈決定】息子殺害 元国家公務員のトップ・農水次官 懲役6年


「妻はうつ病、娘は自殺」元農水次官に懲役8年求刑 わが子を数十回刺し続けた“エリート父”の思い

週刊文春 2019年6月13日号
元農水次官の熊沢英昭被告が長男を殺害した罪に問われている事件の裁判で、検察側は懲役8年を求刑した。弁護側の主張や妻の証言によれば、熊沢被告は、長男の家庭内暴力だけでなく、妻のうつ病や娘の自殺など複数の深刻な問題を抱えていたという。法廷で「本当に殺されると思いました」と語った熊沢被告、そして一家の実像を報じた「週刊文春」2019年6月13日号の記事を再公開する。なお、記事中の年齢や日付、肩書き等は掲載時のまま。


「娘は絶望して自殺した」元農水次官はなぜ息子を殺害したのか?法廷で明かされた家族の苦悩

FNN PRIME 2019年12月12日 木曜 午後7:27
息子を殺害した農水省の元事務次官・熊沢英昭被告(76)の被告人質問が行われた
娘の自殺に妻への暴力・仕事上のトラブルも…英一郎さん(44)さんを巡る苦悩
「本当に殺されると思った」殺害を決意させた同居後の生活とは
娘の自殺に家庭内暴力…英一郎さんを巡る苦悩
2019年6月、東京・練馬区の自宅で、農林水産省の元事務次官・熊沢英昭被告(76)が、長男の英一郎さん(44)の首などを包丁で刺し、殺害した事件。

元農水次官、長男殺害容疑で逮捕

時事ドットコムニュース

元農水次官に懲役8年求刑 長男殺害「強い殺意」―東京地裁(12月13日 13:08)
東京都練馬区の自宅で長男=当時(44)=を殺害したとして、殺人罪に問われた元農林水産事務次官の熊沢英昭被告(76)の裁判員裁判の論告求刑公判が13日、東京地裁(中山大行裁判長)であった。検察側は「強い殺意で一方的に攻撃した」として懲役8年を求刑。弁護側は執行猶予付き判決を求め、結審した。判決は16日。


Pocket