【かんぽ生命 不適切な販売】わかりやすく教えて!何が問題?わかりづらい?日本郵政

大変なことが起きました。

郵便局は身近なもの。

地方では貴重なインフラですし。

いつも来る郵便配達の人たちは

信頼関係のある身内のようなものです。






そこから

だまされたような目に合うとは

たまったもんじゃないですね。

不適切な保険の販売により

金融庁はかんぽ生命と日本郵便に

業務停止命令を出す方向で検討に入ったそうです。

かんぽ生命 不適切な販売

金融庁による業務停止命令が下されたかんぽ生命問題。

不適切な販売。

ちょっとこれ不安になるけど

意味が分からない

という方のために

ざっくり説明いたします。

いたらない点があったら

申し訳ないです。

具体的に気になることがあるかたは

しかるべきところに問い合わせてください。

かんぽ生命 不適切な販売 わかりやすく

具体的なイメージをつかむために

あくまでも

具体的な事例でいきます。

たとえば

「今、入っている保険をやめて

新たに保険に入りませんか?」

と、おすすめして

今までの保険を解約

そして

新たな保険に入ろうと

健康診断を受けます。

そして、申請すると…

「健康診断の内容により

新しい保険には入れません」

と断られたそうです。

となると、

新規契約の拒否

今までの保証は無くなり

これからの保険も無くなります。

また

入院中に、

保険の切り替えをすすめられ

乗り換えたところ

保険金の支払い拒否

新しい保険に入る前から通院しており

告知していなかった

ということで

告知義務違反が適用され

保険金が取り消される事例。

この他に

不適切な販売と思われるものが

18万件あるそうです。






かんぽ生命に関連する記事

今、問題となっているかんぽ生命に関連する記事です。

かんぽ生命と日本郵便に一部業務停止命令へ

12/17(火) 12:17配信 テレ朝ニュース
不適切な保険の販売が相次いだことを受けて、金融庁はかんぽ生命と日本郵便に業務停止命令を出す方向で検討に入りました。

かんぽ生命は、保険料を二重に取るなど顧客に不利益を与えた可能性のある契約が過去5年間で約18万3000件見つかっています。関係者によりますと、社内調査の結果、法令や社内ルールに違反した疑いのある契約が1万2000件以上あったということです。

「かんぽ生命」の不正契約問題はどうして起きたのか?

「保険金の支払い拒否」や「保険料の二重払い」など
不適切契約の内容と原因をわかりやすくマンガで解説
2019年11月7日公開(2019年11月7日更新)
ザイ編集部
かんぽ生命の不祥事はなぜ起きたのか? 問題の背景をマンガでわかりやすく解説! 日本郵政傘下のかんぽ生命で、不適切契約が多数見つかり、物議を醸している。多くの人から「元国営で安心」「バブル時代には利回りの高い商品を販売していた」などの好 …

 

Pocket