【カルロス・ゴーン被告】海外逃亡・出国記録なし?日本の司法を脱出?堀江貴文さんの指摘

12月31日

会社法違反などの罪で起訴され保釈された

日産自動車の元会長カルロス・ゴーン被告は

日本を出てレバノンにいることを

認める声明を発表しました。






カルロス・ゴーン被告

出国記録が無いことから

偽名等の不正な出国が疑われています。

ゴーン被告は

私はいまレバノンにいる。

もはや私は、有罪が前提とされ

差別がまん延し、基本的人権が

否定されている不正に操作された

日本の司法制度の人質ではない

と発言しています。






カルロス・ゴーン被告 保釈条件

保釈(一時的な保釈のようなもの)されるにあたって

条件として

海外渡航は禁止されていました。

カルロス・ゴーン被告 弁護士

弁護士も、いきなりのことに

驚いているようですね。

カルロス・ゴーン被告 レバノン

レバノンとしては

国をあげて支持しているようですね。

カルロス・ゴーン被告 ワイナリー工場

レバノンでワイナリー工場をすでに始めており

順調のようです。

カルロス・ゴーン、行ってらっしゃい!堀江貴文

ホリエモンとして知られる

堀江貴文さんがYouTubeにて

動画を出しています。

1月に会う予定だったそうです。






ゴーン被告 関連する記事

関連する記事です

速報 カルロス・ゴーン被告 緊急記者会見 保釈中にレバノンに逃亡 同時通訳

【カルロス・ゴーン被告】海外逃亡・出国記録なし?日本の司法を脱出?堀江貴文さんの指摘





Pocket