中国武漢の女性 新型肺炎で北海道・札幌の病院に入院

中国武漢の女性が、

新型肺炎で

北海道・札幌の病院に入院したことが

確認されました。






新型肺炎 症状

患者の症状が

咳や発熱だけでは

わからないそうなので、

充分に気を付けたいところですね。

患者の当初の症状は、肺炎に特有の発熱やせきだけとは限らず、下痢や吐き気、頭痛や全身のだるさなど、消化器系や神経系の症状の場合もあり、早期の診断を難しくしているとして、病院の医師らが注意を呼びかけていると伝えています。

出典:NHK NEWS WEB
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200125/k10012258501000.html

新型肺炎 北海道初

北海道では初となる

新型コロナウイルス肺炎に感染した

中国武漢の女性が

確認されました。

現在は、入院中とのことです。






新型肺炎 中国武漢の女性

新型肺炎患者、道内で初確認 中国人女性、札幌の医療機関に入院

01/28 18:51 更新
中国湖北省武漢市から北海道を訪れた中国人女性が、新型コロナウイルスに感染し、肺炎を発症したことが28日、確認された。道内での患者の確認は初めて。道関係者によると、女性は札幌市内の医療機関に入院している。

出典:北海道新聞
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/387597

新型肺炎 関連する記事

全便欠航 英ブリティッシュ・エアウェイズの中国発着便 | 検査拒否 武漢からの帰国日本人
コロナウイルス 武漢渡航歴なしバス運転手 奈良県の60代男性 国内感染が確認される

武漢 新型ウイルス肺炎 致死率 3.1% 死者17人 交通機関停止 駅・空港封鎖





Pocket