【福岡国際マラソン2019結果】優勝は誰?日本人トップは?

2019年12月1日に平和台陸上競技場で開催されました。
東京五輪オリンピック出場を目指して【福岡国際マラソン 2019】川内優輝・あいおいニッセイ同和損害保険ら 風物詩 福岡市平和台陸上競技場

福岡国際マラソン2019結果

注目の優勝は誰でしょうか。。日本人トップはどうなったんだろうと強豪ぞろいの中では気になりますよね。





優勝は?日本人トップは?

福岡国際マラソン2019では、

モロッコのダザ選手が優勝しました。

日本人トップは藤本選手です。しかし、五輪内定の設定記録には届きませんでした。

藤本拓 福岡国際マラソン日本人最高の2位、五輪内定の設定記録には届かず「目標タイムには…」
12/1(日) 14:19配信 スポニチ
東京五輪代表の最後の1枠が懸かるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)「ファイナルチャレンジ」を兼ねた福岡国際マラソンは1日、福岡市内の平和台陸上競技場発着で行われた。日本人招待選手の中で最速の2時間7分57秒の記録を持つ藤本拓(30=トヨタ自動車)が2時間9分36秒で日本人最高の2位に入った。優勝は、2時間7分10秒のエルマハジューブ・ダザ(モロッコ)だった。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-00000202-spnannex-spo

1位 エルマハジューブ・ダザ
 モロッコ
 2時間7分10秒

2位 藤本拓
  トヨタ自動車
  2時間9分36秒

3位 福田 穣
 西鉄
 2時間10分33秒





4位以下のタイムは?

注目の川内選手は12位、2時間12分50秒でした。市民ランナー・元埼玉県庁で公務員時代から注目が集まっていました。

デレセ2:10:52
寺田2:10:55
マイケル2:10:59
伊藤2:10:59
ウラド2:11:03
チョゲ2:11:38
鈴木太2:12:09
飛松2:12:44
川内2:12:50
ハーマン2:14:04
設楽啓2:14:31
佐藤悠2:14:56
永井2:15:03
森橋2:15:42
ナート2:15:51
高橋雅2:16:07

Pocket