【ブロードリンク】神奈川県の個人情報が入ったハーディスクが転売流出 オークションで発覚

パソコン・オフィス不要品買取の

株式会社「ブロードリンク」が

個人情報が保存された神奈川県庁の

ハードディスク(計54TB)を

従業員が破棄すべきものを横領し

転売したことが発覚しました。






インターネットオークションで売買があり

判明したようです。


ハードディスクが外部流出すると何が困るの?

今回の神奈川県庁のハードディスクは

大量の個人情報が入っていたものです。

それが外部に流出する可能性があります。

通常、ハードディスクを捨てる場合は

データを上書きする等して消去しますが、

それも復元ソフトで回復できる可能性があります。


ハードディスク(HDD)とは?

一般的にハードディスクとは、

パソコンの中でデータを保存する記憶装置。

ハードディスクドライブをHDDと略することもあります。

ハードディスクにはプラッタと呼ばれる

金属製の円盤が内蔵されており、

このプラッタに磁気ヘッドを

近づけることでデータを読み書きしています。


確実な完全データ消去と世界標準規格に準拠と宣伝

東京都中央区にあるブロードリンクは、

自社のホームページで

「確実な完全データ消去」「世界標準規格に準拠」と

宣伝していました。

日本を守る防衛省のコンピューターも

担当しているそうです。

ブロードリンクに関する記事

お詫び文を掲載【ブロードリンク倒産?】9日午後3時から会見へ 管理下のハードディスク等の外部流出に関して

盗み続けた毎日?50代男性【ブロードリンク 社員】史上最悪の流出犯人か??

社員逮捕【ブロードリンク 倒産?】問われる情報の重み 神奈川県の大規模な納税等の情報流出

会見の放送は?【ブロードリンク 倒産?】取引先は防衛省や最高裁判所?ハードディスク流出転売に関する会見 9日午後3時~

明かされた真実と今までのいきさつ【ブロードリンク 会見】資料・事実関係 今後の対応と再発防止、セキュリティ体制

世界最悪レベルの情報漏洩?【ブロードリンク 会見】今後の再発防止策 HD転売による外部流出


神奈川県庁の行政文書を記録したHDDが流出、ネットオークション転売で発覚
2019年12月6日(金) IT Leaders編集部
神奈川県庁のファイルサーバーで行政文書の保存に使われていたハードディスクドライブ(HDD)が、HDDのデータ消去/廃棄を受託していた企業の社員によってインターネットオークションに転売されていた──。そんな衝撃的な事案が2019年12月6日に判明した。HDD消去/廃棄処理を受託していた当該企業のブロードリンクによると、同社社員が18個のHDDを不正に持ち帰り転売していたという。

個人情報が保存された神奈川県庁のHDD計54TB、転売される 処理会社の従業員が横領 
2019年12月06日 12時45分 公開 ITmedia NEWS
神奈川県庁の行政文書が保存されたHDDがネットオークションで転売され、最大で54TB分の個人情報を含むデータが外部に流出していたことが12月6日、同庁への取材で分かった。ファイルサーバに搭載していたHDDの交換時に、古いHDDの処分を担当した専門会社ブロードリンク(東京都中央区)の従業員が一部を横領、転売したという。

ブロードリンク「確実な完全データ消去」 HPで強調
2019年12月6日11時32分 朝日新聞デジタル
個人情報を含む神奈川県庁の行政文書が蓄積されたハードディスク(HDD)が外部に流出した問題で、HDDの処分を委託されていたブロードリンク(東京都中央区)は、ホームページ(HP)で自社の取り組みについて「確実な完全データ消去」「世界標準規格に準拠」とアピールしていた。


株式会社「ブロードリンク」
https://www.broadlink.co.jp/


一日も早く解決することを心から望みます。



Pocket